キャッシング 借りる

お金を借りるという商品

世の中には、様々な商品が存在するものです。その商品には、主に2種類あると言われています。形が有るか無いかです。

 

例えばコンビニで販売している商品には、明らかに形があります。日用品の洗剤や食品などは、明らかに形がありますね。

 

ところがその形が見えない商品も、中には存在するものなのです。いわゆる無形商品と呼ばれるものです。

 

どのようなものが無形商品なのかと言うと、キャッシングがその一例です。

 

キャッシングというのは、もちろんお金を借りるサービスです。現金や1万円札などは、確かに目に見えるものではありますね。しかし「お金を借りたという実感」が目に見えるかと言うと、必ずしもそうではないと思います。少なくとも洗剤や食品のように、はっきりとは見えませんね。

 

ですのでキャッシングというのは、ある意味で無形商品だと思うのです。

 

もっともキャッシングに限らず、金融商品というのは全て無形商品に相当するのですが。いずれにせよキャッシングは、「目に見えるようで目に見えない」サービスだと私は思います。