アイフル 審査

キャッシング審査での属性と信用調査

キャッシングの申込みの審査では、属性スコアリングと信用調査が行われます。属性スコアリングで重視される項目としては年収や職業や年齢などがあります。他にも住居が持ち家か借家か、独身か既婚者か、実家で親と同居して生活しているのかどうか、同じ住所に長年住んでいるのか、あるいは住所を短期間で転々と変えているのかなどを審査されます。

 

年齢は40〜50代よりも20〜30代の若い世代の方が評価は高くなります。意外かも知れませんが、若い人の方が可能労働年数が長いので、潜在的経済力が高いと評価されます。またキャッシングを将来に渡って長く利用してもらえるので若い人の方が審査に通りやすい傾向があります。

 

信用調査では申込者の信用情報がチェックされます。他社借入が3社以上ある場合には審査に通るのは難しくなります。また過去に3ヶ月以上返済を滞納している場合は審査落ちします。年収の3分の1を超える借入のある人は総量規制によって借入はできません。

 

キャッシング審査では、属性スコアリングと信用調査を厳格に実施して返済能力の有無を適切に判断しています。

銀行カードローンについて

 最近銀行がカードローンにどんどん参入しています。理由は単純に普通の銀行融資よりも儲かるからです。銀行カードローンといっても利息は消費者金融とかかわらないので、普通のキャッシングと同じと考えて問題ないと思います。

 

 

 

 そんな銀行カードローンですが、銀行は融資を行う時に消費者金融と保証契約を結びます。保証契約とは債務者が返済できない場合、消費者金融は銀行に対してその債務を肩代わりするというものです。

 

 銀行は確実に回収することができますし、消費者金融は保証料収入がありますのでともにおいしいビジネスというわけです。ですので借金を返済できない場合、債務者は消費者金融から取り立てられることになります。つまり銀行カードローンも消費者金融もあまり変わらないということです。

 

 

 

 銀行カードローンを利用する場合、借り入れを行う銀行に口座を持っている人なら多少借りやすくなるといわれているので、消費者金融に抵抗がある人はこちらがオススメです。

カードローンを選ぶ時の注意

カードローンを選ぶという時には注意があり、この注意を知らないと、失敗をしてしまう可能性も低くはありません。

 

その注意点とは、カードローンは評判や人気だけで選ばないという事です。通常何かを選ぶ時には評判や人気で選べば失敗は少ないのですが、カードローンの場合にはそうもいきません。

 

というのもカードローンはカードローンごとの特徴にかなり違いがあり、自分の使い方にあうようなものを選べないと失敗をしてしまう事が多いのです。自分の使い方にあわないと利子が余計にかかってしまったり、借りたい額借りる事ができなかったり、色々な弊害が出てきてしまいます。

 

ですからカードローンごとの特徴というものを、面倒でもきちんと調べるようにしましょう。そしてその上で自分の使い方やニーズと照らし合わせてみてください。そうすればきっと上手なカードローン選びができ、キャッシングも快適に問題なく行う事ができると言えるのではないでしょうか。

"低すぎる金利にはご注意

キャッシングするなら当然、低金利のほうがうれしいですよね。しかしやみくもに金利だけを理由に、借入先を決めてしまうのは考え物。利用者が低金利を探していることを利用しようとしている闇金業者も、この業界には多数存在するのです。

 

通常、キャッシングの金利はどんなに低くても5%程度。それなのに金利1.8%などと書いてあったら、明らかに怪しいですよね。しかし実際このようなあやしい広告は、インターネット上だけでもゴロゴロしています。それだけでなく無担保かつ保証人要らずなのに50万円まで無利子とか、一目見ただけであやしいものまでチラホラ。

 

このような闇金業者は、あからさまに低い金利をアピールして、騙されやすい人を絡めとろうとしています。そして万が一実際に借り入れしたとしても、金利1.8%なんて絶対にありえません。なんだかんだと条件をつけて結果的には暴利とも取れる金利で借り入れをさせられてしまうのです。

 

あやしい広告で半ば騙すように貸し付けを行うこのような闇金業者は当然、違法です。もし返済が滞ったりすれば、莫大な遅延金や暴力的な取り立てが待っているでしょう。

 

明らかにおいしい条件の広告には、飛びつかないことが賢明です。

 

キャッシング体験談

私は昔からキャッシングにはかなりお世話になってきました。

 

本当に感謝してもしきれないレベルですね。

 

私は若いときはかなりカツカツの生活をしてきました。

 

そんな時に、やはりキャッシングに頼らざるをえない状況になっていったんです。

 

最初は私も「借金をするのは不安だなぁ」みたいな思い込みがあったのですが、キャッシングはそこまでネガティブな存在ではありませんでしたね。

 

私がしたキャッシングは消費者金融とクレジットカードのキャッシングになります。

 

特に使い分けていたわけではありません。

 

その時その時の気分であったり、利便性を考えてのことでしたね。

 

お金って急に出費が続いたりするものですしね。

 

そういったことを複合的に考えてみると、キャッシングはやはり便利で良いものだなと感じます。

 

たとえば急な飲み会や冠婚葬祭など、お金がいる場面は沢山ありますよね。

 

キャッシングは最初の審査などが不安ですが、まともな定職に就いていれば大丈夫だと思います。

消費者金融はどんなところが良いの?

消費者金融とは、無担保で消費者にお金の貸し付けをする会社の事を言います。お金を預かることが無く、貸し付けだけというところから「ノンバンク」とも呼ばれます。お金を借すことでいえば銀行や信販会社も有りますが、それぞれに条件や金利に違いがあります。

 

消費者金融は銀行系や信販系のクレジットカードやカードローンに比べると若干金利は高いです。しかし申込みが簡単なことから人気が高く、契約が簡単に出来る事、複数社から借り入れが出来る事、審査から貸し付けまでの期間が短いことなどから、今や消費者金融を利用する人は10人に1人とも言われています。

 

しかし貸金業法の総量規制(借り入れの限度額が年収の3分の1まで)の適用を受けるため借入額には制限があるのです。

 

返済がコンビニや銀行のATMでも出来る事、いつでも自由に返済が出来る事など利点が多い消費者金融ですが、利用する側が計画的に借りてこそ、消費者金融の利便性は高まるのです。

お金を借りておもちゃを買って人生を楽しむ

大人になった今おもちゃにはまっており、おもちゃを買い集めるために消費者金融キャッシングや、銀行カードローンからお金を借りる事があります。

 

大人向けのおもちゃが出回っている現代、私のようにおもちゃを買い集めるために借り入れをする人物は少なくないと思うんですよね。

 

大人になっても漫画やアニメやゲームやフィギュアが好きな人と同様、私も趣味としておもちゃ集めをしています。

 

消費者金融キャッシングや銀行カードローンからは、現在20万円程借入れていますが毎月返済日までにはお金を返済しているため、金融事故などは起こした事がありません。

 

欲しい物がある、やりたい事がある、そういった願望を我慢したまま一生を終えるのはあまりにも勿体無い、私はそう思うためにどうしても欲しい物がある時は、自分への投資として金融業者からお金を借りて買っています。

 

我慢をする癖をつけてしまったら、一生我慢をしたまま終わってしまう、それでは何のための人生なのか、と私は刹那的に今を大事にしています。

銀行カードローンを有意義に活用する方法とは

銀行カードローンは低金利で多くのお金を借りることができ、今後の生活を有意義にするための方法としても活用できます。お金を借りる目的は人によって違いますが、今後の生活に必要なものを購入することで豊かにできます。

 

生活をするためには多くのお金が必要であることが多く、一時的にお金を借りて利用するなど対策を考えると効果的です。多くの銀行ではカードローンを行っているために、生活においてお金が必要な場合にも有意義に活用できます。

 

銀行は生活において必要なサービスを展開しているために、ついでにお金を借りる方法としても効果的です。銀行の口座があれば比較的短時間で審査結果を出すことができ、急に多くのお金が必要な場合にも有意義に活用できます。

 

銀行カードローンを正しく選ぶには今後の生活における計画を立ててから必要なお金を計算し、金利の金額を考えながら最適な方法を選ぶと効果的です。お金を一時的に借りて利用することで今後の生活を豊かにすることができ、今後の人生に役立ちます。

銀行カードローンに関することで

一般にカードローンの審査では銀行カードローンが一番難しいと言われています。それはその分魅力があるからだと思います。それでは銀行カードローンのメリットについて上げてみます。

 

1.金利が安いこと・利用する人にとって金利が安いほどいいに決まっています。2.借入限度額が大きい・他の業態よりもかなり借り入れできる金額が大きく設定されています。3.総量規制対象外・貸し金業法が改正され完全施行されていますが、消費者金融系や信販系と違い銀行系はこの対象外となっています。ですから申込人の年収の三分の一を超えても融資が可能ということになっており、他社からの乗り換えする場合にもし易くなっています。

 

4.安心感がある・何といっても銀行という知名度、安心感があり消費者には大きな人気の元となります。

 

ただ審査を通らねば利用をすることはできません。銀行が指定する者(保証会社)が保証するため、保証人は不要であるが申し込みの際には、銀行及び保証会社の両者が審査を行うことになります。審査の結果保証会社の保証が受けられない場合は、カードローンを利用することが出来なくなります。

1度使って確かめる

銀行カードローンというのはいざという時に持っていると安心できますが、どのような使い方をすればいいのかは使ってみなければわかりません。そのため1度利用して使い勝手を確かめておくといいです。勿論返済に関してはすぐに行うので安心出来ると思います。

 

カードローンというのは持っているだけではその特性を理解することができませんし、いざという時に利用しても使い方がよくわからないので困ってしまうことも多いです。そのため最初に1回使っておき、どのような方法で返済を行うのか、振込という形式以外では利用できないのかチェックしておきます。これを行っているだけでも安心した利用が出来るというものです。

 

場合によってはこの利用方法を生かして次の利用を考えていくことになります。銀行カードローンは1度使っておくと更に信用というものを得られるようになり、今の状態に納得がいかないようなら申込みで増額を行うということもできます。とりあえず1度使ってみることが大切なのです。